眼内悪性リンパ腫とは

眼内悪性リンパ腫の診断について

眼内悪性リンパ腫の臨床像

眼内悪性リンパ腫は、眼あるいは脳に原発して眼に進展する原発性眼・中枢神経系悪性リンパ腫(82%)と、 その他の臓器原発の悪性リンパ腫が眼球内に進展する二次性眼内悪性リンパ腫(18%)の 2つのタイプに分類されます。 前者はその後も眼内のみに留まるもの(14%)と、脳中枢神経系に播種するもの(68%)があり、そのため60-80%の症例では、診断時またはその後数年以内に脳中枢神経系悪性リンパ腫を発症してしまうことが問題です。
眼内悪性リンパ腫で現れる眼の症状は、霞み目、充血、視力低下です。他覚的な眼所見としては、硝子体混濁(91%、図2-1)、網膜下浸潤病変(57%、図2-2)、虹彩炎(31%)などを呈します。硝子体混濁とは、眼球内を満たすゼリー状の組織である硝子体にリンパ腫細胞が多数絡みついて混濁した状態で、視力が低下します。また、網膜病変は、多数の黄白色の斑状病変で、眼底の断層検査では網膜の波打ち像として観察されることが多いのが特徴です(図2-2)。

図2-1 眼内悪性リンパ腫の硝子体混濁図2-1 眼内悪性リンパ腫の硝子体混濁
図2-2 眼内悪性リンパ腫の網膜病変図2-2 眼内悪性リンパ腫の網膜病変

眼内悪性リンパ腫の診断について

眼内悪性リンパ腫の診断には、眼内液をとって悪性細胞がないかを調べる検査が必要です。 1週間程度入院して、硝子体手術と呼ばれる30-40分の手術で眼内液を採取して検査します。  診断のために行う眼内液の検査には、①細胞診(悪性細胞かどうか顕微鏡で調べる)、 ②IL-10,IL-6濃度測定(眼内悪性リンパ腫ではIL-10という物質が高くなる) 、③IgHモノクローナリティー検査(1種類の細胞が増殖しているのかどうかを調べる検査、 悪性細胞かどうかが分かる)、④フローサイトメトリー(FACS)によるγ鎖・λ鎖の陽性率、 などの方法があります。①細胞診は、古くから最も信頼できる検査法と考えられてきましたが、 30~40%の取りこぼし(偽陰性)が出てしまうことが分かっています。 そのため、より信頼度が高いとされる②~④の検査も施行することが推奨されます。 これらのうち幾つが陽性ならば眼内悪性リンパ腫と診断すべきなのかについては、 現在のところ明確な答えが出ていません。東京大学附属病院眼科では、 ①が陽性であるか、もしくは②~④の3項目中2項目以上陽性の場合に眼内悪性リンパ腫と診断し、 3項目中1項目のみ陽性の場合は疑い例としています。